電子キーの知られざるデメリットってあるの?

自動車であれ自宅の玄関ドアであれ、カギと言えばそれはまさに「カギそのもの」のことでした。ところが今やそれは過去の話、現在そのカギはメカニカルキーと呼ばれています。
もちろん、それはまだ一部のことで、通常カギといえばみなさんが思い浮かべるカギのことなのですが、近年「電子キー」を使ったシステムの登場により、カギのあり方が大きく変わったのです。このことが、従来からある機械的なカギをメカニカルキーと呼んで区別する理由になったわけです。
大手自動車メーカーのスマートエントリーシステムに代表される電子キーは、自動車のドアの開閉やエンジン始動を、機械的なカギを使用することなく可能にするものです。これによって最近の自動車は、カギの抜き差しなしに使用することが可能になりました。

このシステムが便利であることは間違いありません。両手に荷物を持ったまま、ポケットのなかのカギを探す必要がなくなったのです。自動車を降り、お店に向かいながら施錠することも可能です。お店を出て、自動車に向かいながらドアを開けることもエンジンをかけることも、システムによっては可能なのです。
自宅の玄関ドアにおいても、このシステムが徐々に採用されるようになってきています。

電子キーシステムを導入すれば、玄関の施錠海上もカギを所持したまま所定の位置に指で触れるだけで可能になります。最近はワンドアツーロックが標準装備になってきていますが、電子キーであれば同時にふたつのカギを操作することも可能なのです。
便利な電子キーシステムの数々ですが、やはり導入にはデメリットもあります。まず電子的なシグナルを使用する以上、単純に電池が切れてしまうと使用不能になります。電池自体は高価なものではありませんが、突然電池切れで使えなくなったときのトラブルは深刻です。同様に機械的なトラブルは目に見えないため原因究明が困難であり、解決も困難になるともいえるでしょう。

Post Navigation