アタッシュケースは鍵がついているからこそ使い道がある

アタッシュケースといえば、仕事のできるビジネスマンというイメージがありますが、様々な種類があるカバンの中でも、変形しにくいという点や容量が大きいという点が大きな特徴として挙げられます。さらに、人工樹脂や合金でできていることが多いために、中身を他人に見られにくいという特徴も挙げられるでしょうね。たまに映画などでは、アタッシュケースの中に大量の現金を入れていたり、覚せい剤を何kg分も入れていたりするシーンを見かけることがあります。またビジネスマンなどは、アタッシュケースの中に取引先との契約書を入れていたり、個人情報が記された機密書類が入っていたりすることもあるので、ほとんどのアタッシュケースには、鍵が掛けられるようにもなっています。その鍵の種類については、ダイヤル式の鍵がついていたり、ダイヤル式とシリンダー錠の二重ロック式になっているタイプもあります。従って、長年アタッシュケースを愛用しているビジネスマンの中には「アタッシュケースには鍵がついているからこそ使い道がある」というビジネスマンもいらっしゃるでしょうね。

このように、アタッシュケースに鍵がついているというのは、今や当たり前ともいえるでしょうね。それだけ、重要なものが入っているという証明でもあるのでしょうね。こうしてビジネスマンにとっては、必需品でもあるアタッシュケースとはいいつつも、良いこと尽くめでもないようなのです。例えば、他のカバンやバッグのように全体の形を変えることができないために、四角い形というのはどこまでも四角いままの状態です。例え、中に書類が数枚程度しか入っていなくても、アタッシュケースの大きさや重さ自体は自由に変更することができないようになっています。もちろん、飛行機やタクシーに乗っている間はよいのですが、アタッシュケースを持ちながら、電車に揺られたり長い道を歩いたりしていると、結構疲れてしまうものです。

Post Navigation